男性の薄毛はほとんどがこれ!AGA

頭頂部の薄毛はAGAの症状の1つ

男性が薄毛になる原因は色々あるので、まずはそこを見極めることから始めることが大事です。頭皮の乾燥や痒み、ストレスなどで抜け毛や薄毛が進行することはありますが、男性の原因で最も多いのはAGAです。
30代や40代、50代の男性はAGAが原因で薄毛になるケースは多いので、早めに対策を実施しましょう。たとえば、頭頂部が薄くなるのはAGAの代表的な症状の1つとなっています。頭頂部から薄毛の範囲が拡大しますが、スピードには個人差があるので頭頂部だけの薄毛が長く続く状況は考えられます。
ただ、拡大するスピードの速い男性の場合は短期間で薄毛が進行するため、効果に期待できる方法で対策したいなら薄毛治療をおすすめします。

生え際や前頭部の薄毛もAGAです

AGAが原因の典型的な症状は頭頂部の薄毛だけではありません。前頭部や生え際も含まれることを理解しておきましょう。以前よりも生え際が後退したり、M字化が進行したりしている場合は食い止めるためにも治療を開始すべきです。 また、生え際や頭頂部は問題なかったとしても、前頭部が薄い場合も注意が必要です。そこから頭頂部や生え際と薄毛が拡大する可能性があるので、まだ前頭部だけが薄毛の段階で対策した方が、髪の毛を残せるでしょう。 頭頂部や前頭部、生え際の薄毛は部分的な場合がある一方で、重なるパターンも起こります。全部が重なってしまうとかなりのスピードで薄毛になってしまうので、異変を感じた場合はすぐにでもクリニックで相談すると良いです。

女性の抜け毛の病院では頭皮の状態を電子顕微鏡などを使ってチェックしてくれるのでとても安心です。状態に応じて塗り薬や飲み薬などをもらえます。