外からもアプローチ外用治療

まずは外用薬からスタート

薄毛の治療にはいろいろな方法がありますが、治療は安全性が高く、簡便にできて、しかも安価なのが一番です。治療は組み合わせて効果を高めていくのが基本になります。しかし、植毛なども確実な方法ですが、やはり手術になるのでリスクはつきものです。また、内服薬も簡便ですが、病院での処方が必要になります。そのため、まずは薬局で購入できる外用薬・塗り薬を試し、それで満足できるかどうかトライしてみるといいでしょう。ミノキシジルというローションタイプの外用薬が購入できます。最近では、女性も薄毛の悩みを抱えている人が増えてきたため、女性用の塗り薬も販売されています。外用薬からスタートして、内服薬、植毛という順番で検討していくといいでしょう。

効果や満足度には個人差があることを前提に

外用薬は以前から非常に良い塗り薬があり、もともと血管拡張剤として開発されたものです。高血圧の人が服用するものですが、副作用で体毛が濃くなってきたことから、育毛剤への転用が進みました。育毛剤はこのようなほかの薬からの転用のものが数多くあり、まつ毛の育毛剤などにも活用されています。ただし、良い薬が開発されたといっても、効果には個人差があります。ヘアサイクルに合わせて効果が少しずつでてくるものなので、すぐに毛が生えてくるわけではないことを理解した上で使用することが重要です。また、どの程度の効果を期待するかにもより、人それぞれの満足度も異なります。あくまでも、いくつか治療法がある中でのひとつのアプローチとして考えておくことが大切です。

薄毛の原因は男性ホルモンの影響や、食事・生活習慣、および精神的ストレスがあって、これらの要素が複雑に絡み合っています。